郵便局ではなく切手買取店に売却しよう

切手の種類には記念切手や外国切手など数多くのものがあり、日本国内や国外において様々なコレクターがいることから専門の買取店に売却することで良い価格で買い取ってもらうことができます。不要な切手を持っていて処分しようと考えているときに注意するべきポイントとしては、郵便局に持っていっても価値どおりの価格で買い取ってもらえないという点です。郵便局は不要な切手の買取行為をしているわけではありませんの、一般的な切手買取店であれば価値があると判断されるものであっても売却できません。そのために郵便局に持ち込むのではなくて、正当な評価をしてくれる切手買取店を探すことが大切になります。全国の様々な地域に中古の切手を買い取っている業者が存在していますが、現在ではネット上で買い取りサービスをしているところも増えています。ネット上の買取業者であれば、出張査定の依頼をすることで自宅まで鑑定士に来てもらう方法であったり、宅配の依頼をすることで宅配キットの中に切手を入れて郵送して買い取ってもらうことができます。店舗まで来店することなく、24時間いつでも切手の買取を依頼できますので、昼間は忙しくて店舗まで行けない人であっても便利に売却できる点がメリットとなります。要らなくなってしまった切手を持っているときに、どのように処分したらよいのかわからないことがあると思います。せっかくお金をかけて購入した切手ですので、捨ててしまうのは勿体ないと感じる人が多く、コレクションとしてケースに収められているものなどであればまとめて買い取ってくれる業者に買取を依頼することがおすすめです。切手を現金化しようと思ったときに、郵便局に持ち込む人もいると言えますが、現実的には郵便局は切手の換金を行っていません。郵便局が行っている切手の処理方法としては、手数料を支払うことで新しい切手と交換してくれることや、ハガキと交換するという方法となります。しかし、記念切手や外国切手であれば流通している価格は、通常の切手よりも高額な価格となりますので郵便局で新しいものやハガキと交換する方法は得策とは言えません。しっかりと切手に関して精通した知識を持って取引をしている切手買取店で査定を受けることで、流通している価値どおりの価格で買い取ってもらえますので、高値で売却できることがあります。多くの切手買取の専門店では、査定について無料で行っていますので、利用者としては費用の心配をすることなく買取価格の目安を知ることが可能です。
ご確認はこちらから