高値で売る事が出来る切手の特徴と切手買取り

日本切手には時代毎に定められていた郵便料金に基づいた額面と言うものが記されています。
現代の切手には52円や82円と言う額面が記されており、52円の場合はハガキに貼り付けて使用することが出来ますし、82円の切手の場合は封書に貼り付けることで郵送して貰う事が出来るようになっています。
そもそも切手と言うのは、先に郵便料金を納めていると言う証明書のようなものであり、切手収集をしている人は郵便として切手を利用していなくても、先に郵便料金を納めている事になるわけです。
因みに、日本で最初に発行された切手と言うのは、1871年4月20日発行の竜切手とよばれているもので、額面は48文、100文、200文、500文の手彫り切手で、切手買取りの中では希少価値が非常に高い事からも高値が付けられることも珍しく在りません。
但し、竜切手と言うのは手彫りによる印刷であり、現代の印刷技術とは異なるため、色褪せが生じてしまうものもあれば、紙質も現代のような耐久性を持つものではないため、状態が悪いと買取りが行われないケースも在ります。
高値で売ると言う事であれば、切手の保管状態が大切であること、そして切手買取りのお店に持ち込む時にはストックブックに入れた状態で持ち込むのがお勧めです。
竜切手には第1版と2版の2つの種類が在り、二つの違いは版の違いによるもので、切手に描かれているごく一部の違いで見分ける形になるのが特徴です。
昔の切手には、第1版や2版、3版と言った具合に分けられているものが数多く在る事、偽造防止の目的で透かしを入れている切手などの場合は、透かし模様により希少価値が変わる等の特徴が在ります。
透かしと言うのは、印刷を行う用紙にすかして見る事で模様が現れるものであり、透かしを入れる事で偽造が出来なくなるなどの理由から、透かしが入れられた切手も数多く在ります。
一言で切手と言っても様々であり、切手買取りのお店の鑑定士は切手に対する幅広い知識を持つのが特徴で、竜切手の第1版と2版の違いや、それぞれの価値について熟知しているため、持ち込まれた切手を高値で買取り出来ると言う事です。
切手を売る側にとって、高値で売りたいと言う気持ちは大きいかと思われますが、切手の価値を適正に見出せるのは切手の事を良く知る鑑定士がいるからであり、こうした鑑定士がいるお店で査定を受ける事で本来の切手の価値を見極めてくれて、高値で売れると言う事に繋がって来ます。
尚、切手の価値についてはこちらの「【いつか高値買取】コレクターじゃなくても買いたい!」を参考にされるのがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です